凍瘡(しもやけ)

とうそう

保険診療

症状

気温4~5℃、1日の気温差が10℃以上の気候で発症しやすいです。寒さによる皮膚の血流障害によって、足や手の指、耳などにかゆみと痛みを伴う赤みや腫れが生じます。成人になってから発症した場合や夏になっても治りにくい場合は、膠原病の精査が必要になる場合があります。

主な治療方法

ビタミンEの内服・外用
ステロイドや保湿剤の外用
血管拡張薬の内服

生活上の注意点

耳当て、手袋や靴下を履いて、寒さによる刺激を避けましょう。