虫刺され

むしさされ

保険診療
虫刺され

症状

蚊やハチ、ムカデ、ダニ、ブヨ、アブなどに刺されて生じる皮膚炎です。原因となる虫は、患者様が見ていない場合、わからないことが多いです。ハチやムカデに刺された場合、蕁麻疹やあかみだけでなく、呼吸困難や腹痛、血圧が低下するといったアナフィラキシーショックをおこすことがあるため、注意が必要です。

主な治療方法

外用療法
ステロイドの塗り薬と、抗ヒスタミン薬の内服を行います。 重症例ではステロイドの点滴や内服を行います。

生活上の注意点

ハチの巣に近づいたり、ハチの巣に危害を加えない様にしましょう。 特に夏から秋にかけて、巣が大きくなり、ハチの活動が活発になるため注意が必要です。 山野に入るときは長袖、長ズボンを着て、肌を守りましょう。